会員情報流出によりご迷惑をおかけしております。 パスワードのリセットをお願いいたします。
なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「あごだし中華そば大盛1.5玉600円」@山形飛魚 亞呉屋 山形本店の写真「めん蔵」から渾身の最終形態「亞呉屋」へ♥️ハーバーコーポレーションの挑戦❗️


今月の最終営業日たる令和元年8月30日の金曜日、いつもの残業前夕食をとるために今回は山形市内でも話題のこちらにやって来ました。今までは「めん蔵」ブランドの本拠地としてやってきていましたが、この度、「亜呉屋」ブランドの本店として再スタートを切ったようです。こちらのグループは「めん蔵」「ごま蔵」「亜呉屋」の3ラーメンブランドでチェーン展開していましたが、狸森の店は早々に閉店して最後まで残っていた「ごま蔵」のイオン山形南店が閉店し、今では2ブランドになってしまいました。しかし、「めん蔵」もいつのまにか米沢店がなくなり、起死回生の新ブランド「まるた」「高橋製麺所」の中でも「まるた」は既になく、やや斜陽感のあるハーバーコーポレーショングループでした。しかし、起死回生の起爆剤なのか、こちらの「めん蔵」を「亜呉屋」として再出発する事がラーメン特番でも放送されていました。確かモーパパも駅前の「亜呉屋」さんであごだし中華をいただいていましたので、非常に期待をもっておうかがいしました。

店内に入ると、作りは昔のめん蔵さんと基本的に同じですが、細かい内装や調度品の類いまでは覚えていないので分かりません。ただ、目を引いたのがカウンター席の先にあるコーナーです。めん蔵時代から茹で玉子サービスはありましたが、それだけじゃありません。ジェラート機械とともに、オーガニックティー無料サービスまであります。しかもそれが三種類(オーガニックジンジャーピーチ・オーガニックデトックス・レッドベリー)もあります。店員さんに聞いたら同じグループ店舗でラーメン店ではなく鳥料理専門店の「鳥縁」でもやっているサービスですとの御返事でした。そういや前に一度行った事がありますが、そんなサービスもやっていました。

・あごだし中華そば大盛1.5玉600円
・太麺
・ゆで卵10円
・レッドベリー無料

見た目にはさほどに透明感はなく濁りがあります。焼きアゴと鹿児島地鶏で取った出汁だそうですが、入口の煮干標本サンプルからすると、飛島だけでなく長崎のアゴに、鰹節・サバ節・煮干までも加えて出汁取りしているのかもしれません。スープの濁りはこれらの種類豊富な煮干の賜物かな?確かに煮干系の魚出汁がふんだんに豊かですね。もっとも、風味のどの辺りがアゴ?と言われても馬鹿舌のモーパパにはあまり分からない位に色々ありそうです。それでいて煮干のえぐみというかくどさがないのは地鶏出汁がまろやかさを加えているからでしょうか。良くできた深みのあるスープです。油感もありますが煮干の風味でそんなに気になりませんし、基本的にあっさり上品なアゴ出汁です。インパクト的には亀太郎さんの今や伝説的となった名品「黒亀」のアゴ出汁ほどには及ばないかな?

麺は全粒粉麺だそうですが、かなり広巾の平打ちの縮れです。表面積が広いだけでなく、平らな麺を縮れさせて起伏をつけたお陰で自然にスープをすくって、からみまくりで美味しくいただけます。個性的なだけでなく意外と理にかなった作りの秀作で、コシもある程よい茹で加減、若干のもっちりさにプリッとした心地よい食感、そしてツルンとした喉越しも最高です。なかなか個性的で面白い美味しい麺です。

トッピングの刻みタマネギは食感もアクセントになってなかなか良いですが、その鮮烈な爽やかさ、煮干のくどさをよく中和して、スープを飽きさせないナイスアシストをしてくれます。チャーシューはかなり小さく薄いのですが4枚も入っています。大盛だからかな?小さく薄いのですが柔らかく尚且つスープに混ざりこんでジューシーに美味しくいただけました。

駅前店でいただいたあごだし中華は細麺でいただいた上に、より油感が強く、スープももっと熱々だったようですが、それ以外はほぼ同じように見えます。それにしては評価が辛いようですが、当時のモーパパ基準はかなり厳しい時でしたから、機会があったら駅前店にも再評価しに行かねばならないかもしれません。いずれにせよ美味しい中華でした。御馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

あご出汁とかトビウオとか言われて食べると、うぅむ、なるほどの味と思えるけど、知らずに食べても何の出汁なのか分かりませんよね。
馬鹿舌と駄舌、お互いさまですね。

すてぞー | 2019年9月8日 07:23

いえいえ、いつもあれだけ辛味噌を食べてるすてぞーさんの舌には、それこそモーパパの方が舌を巻いています。県外の方でありながら、ちゃんと山形辛味噌の味を理解しているすてぞーさんは決して駄舌ではないと、山形人のモーパパが保証いたします。

モーパパ | 2019年9月9日 10:31