なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「鶏塩そば750円」@自家製麺 鶏冠の写真極上の油そば♥️更に至高の鶏出汁の旨さ♥️


世間的には三連休の最終日、令和元年9月23日の月曜日のお昼、休日返上での猫嫁と二人での三日間の仕事の最終日です。午前中に仕事の仕上げをなんとか終えて昼飯に来ました。ところが、山形市で話題の金子さんも、移転した新店舗の虎真さんも本日休業!モーパパのあてはことごとく外れ、三軒目のこちらでようやくお店が開いていました。三度目ならぬ三軒目の正直のこちらのお店に来るのは実に3年ぶりとなります。

相変わらずの賑わいで店先にはお約束の行列ができています。ウェイティングボード式ですから厳密に並ぶ必要はありません。先に食券を購入して店先のベンチに腰を据えてお待ちしていましたが、回転の良いラーメンですから15分程ですぐに入店できました。

・油そば750円
・鶏塩そば750円
・替え玉100円

鶏そばの麺は低加水細ストレートと多加水細ストレートから選べますが、替え玉は低加水麺と決まっているようですので、両方を味わえるように最初は多加水麺でお願いしました。懐かしくも群馬でよくやった群鬼会響作戦の決行です。まさか山形でこの作戦を決行する事になろうとは、山形のラーメンもバリエーションが豊かになってきた証左でしょうか。

初手から来た多加水細ストレート麺は、細いながらもモチモチして、さらに喉越しもスルスルとして気持ちよく胃の腑に落ち込んでいきます。対して低加水麺だって負けてはいません。やや固めの麺ながらも風味はより豊かに香り、これまたスルスルと小気味良く喉を通り過ぎてゆきます。更に更に驚くべき事には油そばの中太縮れ麺の豊かに美味しい味わい、タレをからみまくって最高のうまさです。鶏そばは替え玉で堪能できましたが、油そばだって大盛にしても十分に美味しく食べられそうな美味さでした。大盛にすりゃあ良かった!

トッピングのチャーシューは低温調理チャーシューで味わいは極上のローストビーフみたいに美味しいチャーシューでした。油そばに入っているコロチャーシューにいたっては、まるでレアで焼いたステーキの真ん中をカットしたような極上の旨さでした。更に鶏そばには鶏チャーシューも入っていて、穂先メンマのビジュアルも美しく、これでもかと極上トッピングのオンパレードでした。

最後に油そばのタレにスープ割をする鶏出汁をポットでいただきましたが、これがまた凄いシロモノでした!タレを割らずにレンゲでスープのみをいただきましたが、これがまた凄く濃厚な良い鶏出汁が出ています。こちらのお店の旨さの秘訣がこちらの出汁なんでしょうね。文句なしの旨さでした。御馳走様でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

コメント

猫嫁とシェアですよね。
一人で2杯と替え玉じゃないですよね。
それと、群鬼会響作戦って何でしょう?

すてぞー | 2019年10月6日 11:15

もちろん、シェアしました。でも、シェアすると厳密なシェアではないので、ちょっとモーパパが食べ過ぎのきらいはありますが。

唐突なお話ですいませんでした。群鬼会とは群馬のネットのお友達グループで、ネットを始めたばかりの頃によく遊ばせていただきました。で、前橋と高崎に、響という豚骨メインのラーメン屋さんがあって、そこは替え玉は博多ばりの低加水極細ストレートとなっていますが、他にも多加水中太縮れ麺もあって、よく中太縮れ麺で注文してから、替え玉で極細ストレート麺を楽しむという事をよくやっていました。群馬はけっこう豚骨系のお店が多くて、そういうシステムも多く、群馬のお店ではよくモーパパクチコミで「響作戦発動!」と騒いで遊んでいました。

モーパパ | 2019年10月9日 11:37